医師転職に適した年齢とは?医師の転職適齢期とタイミング

カテゴリー 医師の転職について

転職するにあたり、医師にとってはよく“転職に適したタイミングがある”とも言われます。

事実、医師としてのキャリアを考えれば、むやみやたらに転職をすることは難しく、適切な時期に、何らかの目的をもって行うべきものであろうことは少し考えてみると腑に落ちますよね。

ただ、その医師の転職適齢期やタイミングというものについては、あまり詳細に書かれていることが少なく、統計的なデータによって話されていることが多いのではないでしょうか。

そこで、今回は私自身がその内容を少しまとめてみましたので、ぜひご覧頂ければと思います。

 

医師の転職に適した年齢とは

医療業界における一般論をベースにお話をさせていただきますと、まず転職に適しているとされる最初の年齢は26歳と言えます。

これは、初期臨床研修が終わるころであり、今後どこでどのような臨床研修を受けるのか、自身の意思で選択できるタイミングと言えます。
専門科の選択が絡むため、とても大切なタイミングの一つです。

臨床医としての選択を選ぶのか、または基礎研究分野に進むのか、先進医療への関わりを持とうとするのか等、様々な選択肢がありますが、大きな選択としては“入局するのか、しないのか”が決断のポイントと言えます。

次のポイントは、30代中頃と言われます。
卒業後、10年もキャリアを積んだ意思は、何らかの専門医の資格を取得されているのではないでしょうか。

若手であり、ある程度キャリアを積んでいることから“どの医療機関もが欲しがるピークタイム”と言えます。
ご自身の環境をどのように変化させたいか、どの道を歩んでいくべきかを再考するのに適しています。

次いで、40歳頃が次のタイミングと考えられています。
十分なキャリアがあり、スキルを身に付けた頃であることから、全盛期に突入する頃と言えます。

重要ポストへのオファーを受けることができるなど、大きなキャリアアップを図れる時でもあります。
また、退職金に関して考えるのであれば、まとまった金額を受け取るための勤続25年を狙うこともできます。

最後の転職時期と言われるのが、45歳頃です。
既にある程度自身で選んだ道を進まれている時期ですが、医局を辞めるかどうかを選択するのに適した時期とも言われます。
もし、それなりのポストをお持ちでなければ、新たなキャリアを探すことも賢明な選択の一つと言えます。

 

医師の転職適齢期一覧

では、もう少し角度を変えて、医師の転職適齢期を見ていきたいと思います。

 

① 年収のアップを図りたい場合

この場合は、医局に拘る必要がほとんどないため、早々に転職をすることをお勧めします。
具体的なタイミングとしては、初期臨床研修を終えたタイミングがお勧めです。

このタイミングを逃した場合は、新たな資格を取得するなど、評価を得られるまでは残っている方が賢明と言えます。
既に、中堅~となっている場合は、30代から40代半ばまでが年収アップに適していると言えます。

 

② 退職金対策を考える場合

意外と見過ごされることが多いものですが、退職金の有無などはとても大切な問題です。
一般的に、やはり最低でも10年以上は勤続していなければ、十分な金額を得る事ができません。

できれば25年の勤続を目指した方が良いため、65を定年と考えるのなら、40歳前後では最終的な転職を決めておかなければならないと言えます。

 

③ プライベートを優先した場合

子の場合は、先ず医局での勤務があまりお勧めできません。
もちろん、その他にも優先する事項がある場合には別途考えなければいけませんが、QOLを重視するのであれば、基本的に“ここでは難しい”と感じた時が転職のタイミングと言えるでしょう。

 

転職が最も多いタイミングは4月

医師にとって、もっとも転職が多いのは4月です。
これは、様々な事情もあり、この時期に合わせての求人がとても多いためで、多くの医師はこのタイミングを重視し、転職活動を行っています。

転職決定から移動するまでに一定のまとまった時間が必要となることも多いため、具体的に動くタイミングとしては4月を狙うのがお勧めです。