あなたは当てはまりますか?医師が転職を検討する理由まとめ

カテゴリー 医師の転職について

この記事をご覧になられている皆様は、既に転職に関して何らかのご興味を持たれていることと思いますが、もし転職を検討されているのであれば、どのようご理由で転職を検討されることになったのでしょうか。

人それぞれ、個人の事情によって細かな理由は異なるかもしれませんが、転職を決めるにあたり大切なのは「ご自身の抱えている問題が、転職によって解決するのか」ということにポイントが絞られるものと思います。

そこで、先ずは多くの医師が転職を検討するに至った理由について、ご紹介をしてまいりたいと思います。

 

医師が転職を検討する主な理由一覧

それでは、医師が転職を検討する主な理由について、以下にリストアップしてみたいと思います。


 ・現在よりも収入をUPさせたいと考えている
 ・職場の人間関係に何らかの問題が生じている為
 ・将来のキャリアを考えた場合、現在の職場では適切なスキルアップが見込めない
 ・症例数を含め、もっと経験を積みたいと考えている
 ・最先端の知識や技術を身につけることのできる職場に移りたい
 ・当直や残業が続く等、労働環境が厳しいため、プライベートを大切にできる場所に移りたい
 ・現在の仕事内容が合っておらず、転科を含め検討したい
 ・妊娠、出産、育児等の関係で転職せざるを得ない
 ・思っていた職場と違った

 
多くの医師が転職理由に挙げるものは、上記のような理由が大半ですが、皆さんが転職を検討する理由は含まれていましたでしょうか。
転職を成功させる事も大切ですが、真に成功させるのは新しい職場に移ることではありません。

転職したことによって”抱えていた問題が解決し、よりよい環境で働くことができるようになった”時に、初めて転職が成功したと言えるのではないでしょうか。

 

転職で問題解決しなさそうな場合は一度考え直すべきかもしれない

上記のように、転職をするそもそもの目的は抱えている問題を解決することであって、転職をすることではありません。

そのため、もし今抱えている悩みが転職によって解決しない可能性があるのであれば、その時には転職することそのものを、一度始めから考えなおしてみてもいいのかもしれません。

収入をあげたい、もっと時間がほしいという単純な悩みでしたら、逆に転職することでしか解決することができないのかもしれませんが、転職によって解決させることが難しい問題も中にはあることと思います。

どうして転職をしたいと考えているのか、ここで是非改めて意識して頂ければと思います。