医師が病院を辞めるとき―退職理由の上手な伝え方

カテゴリー 医師の転職について

転職活動の結果、もし転職が決まったとすれば、次に行わなければいけないのは“現在勤めている病院を辞めるための動き”です。

伝えるべき相手に辞めることを伝えなければいけないわけですが、綺麗に職場を辞めるためにもちょっとした工夫が必要です。

そこで、今回は医師が病院を辞めるにあたって、どのようにすれば退職理由をスマートに伝えることができるのか、その辺りについてお話をしていきたいと思います。

 

医師の退職は引き止められることが多いので伝え方を工夫しよう

そもそも、何故こういう話をしているのかと言いますと、実は医師が退職を伝える際に多いのが「引き止められること」です。

もちろん、引きとめられたとしても辞めたい方であれば遠慮なく辞めるのでしょうが、引きとめた側としては“これだけ引きとめたのに、何故残ってくれないのか”という気持ちが残ってしまうケースがあります。

であれば、あらかじめそのような事態が発生しないように“仕方ないな”と相手が納得するようなお話をしておくのがベターと言えるでしょう。

医療業界は非常に狭いもので、医師同士の横の繋がりも意外とあるものです。
なので、できれば現在勤めている病院で“不満に思われないように”辞めることが大切になってくるのです。
では、具体的にはどのように伝えるべきなのか、もう少し詳しくお話してみたいと思います。

 

不平不満を漏らさずポジティブな理由で円満に退職する

退職をされる方の多くは、現在の職場に対して何らかの不満をお持ちなのではないかと思います。

もちろん、不満がなければ辞めることはほとんどないものと思われますが、だからといってその気持ちをストレートに伝えるのは決して得策ではありません。

面接時に“何故転職をすることにしたのか”と聞かれることはよくあると思いますが、そこで不平不満を正直に話してしまった場合、あなた自身にマイナスイメージがついてしまいます。
それは、“消極的・ネガティブ”な人間だと捉えられてしまうからです。

辞意を伝える際にも、あなた自身が不満を持っているために退職すると伝わってしまうと、やはり良いイメージを持って頂くことができません。

なので、どのような理由があるにせよ「○○の研究に打ち込みたい」「地域医療に従事したい」等、あなた自身がポジティブな動機を持って動いているということを伝え、円満に退職することをお勧めします。

 

在職中に新しい職場を決定し、辞める理由が明確になった状態にしておく

また、大切なのは“在職中に次の職場を決定し、辞める理由が明確である状態”にしてから、辞意を伝える事が大切です。

まだ決まっていない状態で相談することも場合によっては有効かもしれませんが、基本的には引き止められるようなことがないよう“既に決まっている為、辞退することはできない”という既成事実を持った上で、話をする方が望ましいでしょう。

その方が、辞める理由にも現実味が増すため、説得力もでるのです。