科目を変えて新しい医師の道へ―転科の注意点・ポイント

カテゴリー 医師の転職先

医師が転職を目的とする場合には様々な理由があるものですが、中にはキャリアパスを考えての転職という場合も少なくありません。

医師への道を志した頃と現在とでは社会情勢等に変化があったという方も多いため、自身の将来を考えた場合には“転科した方が良い”と判断する方も少なくはないのです。

今回は、そんな転科を目指す医師の方に向けて、注意していただきたいポイントなどを簡単にお伝えできればと思います。

 

自分の年齢や現在のキャリアを考慮して転科に踏み切ろう

医師の皆さんにとって、単純に転科を考えるのであれば転科することそのものは容易いでしょう。

ただ、多くの場合、また新たな経験を積んでいく必要が出てくるため、転科後のキャリアのことを考えるのであれば、“自身の年齢、そして現在のキャリア”に関して、熟考しておくことが大切です。

中には、あまり深く考えないままに、思い切って踏み切ってしまわれる方もいらっしゃいますが、そのような方の大半はキャリアチェンジを行う際のリスクについて十分な知見をお持ちでない場合が大半です。

ご自身の年齢等によっては、転科という選択が適当でない場合もあります。
そのため、ご自身の考えのみで踏み切るようなことはせず、その他の方からアドバイスを頂いた上で、検討されることをお勧めします。

科目により収入が一時的に下がる可能性があるので注意

転科後の科目によっては、収入の基本ベースとなる水準が異なるため、現在よりも収入が低下してしまうこともあります。

もし、転科によって収入が低下してしますリスクを恐れるのであれば、現在の状態を改めて維持する方が良いかもしれません。
ただ、一時的には低下しても、今後の展開が十分に練られているのであれば、そのお考えに沿って進むことも大切です。

 

医師が転科しやすい科目一覧

基本的には、医師が転科しやすい科目というのは、あまりありません。
正確に言えばあるのですが、その診療科目自体が転科しやすいというよりは、ある科からある科へは移りやすい、といったケースが多いのです。

ただ、一部科目においては例外的に「転科OK」というものもあります。
リハビリテーション科、人工透析科などがその代表と言えます。
また、その他の例で言えば、外科から内科への転科は一般的に行いやすいものとされます。

求人などを詳しく見ていると、中には転科OKとハッキリ書いているものもありますので、そういった募集を参考にされるのもいいのかもしれません。