医師の転職…成功したいなら必読。医師転職に失敗する人の特徴

カテゴリー 医師の転職について

医師が転職に失敗してしまう際の理由について、みなさんはご存じでしょうか。
医師である以上転職に大きな失敗はないのでは?

と安易に考えてしまっている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、社会情勢が厳しい今、採用される傾向に関しても以前と比べ、違いが出てきていると感じます。

そこで、今回は転職を成功させたい医師の方必読ということで、医師の中でも“転職に失敗してしまう方の特徴”を傾向的に分析してみました。
ぜひご覧ください。

 

医師転職を失敗するとまた転職を考える羽目に

失敗事例等についてお話をする前に、まず皆さんに意識して頂きたいのは“医師転職を失敗してしまうと、また改めて転職について時間を取られることになる”ということです。

転職を成功させるということは、皆さんが最初に感じていた“転職したい理由・悩み・問題意識”などが解決するということ。

もし転職自体を行ったとしても、次の職場で同じ悩み、あるいは違う悩みを抱えてしまった場合には“また転職をする”ハメになってしまいます。
そのため、転職を行う際にはやはり慎重に動くべきだと言えるでしょう。

そして、このような過ちをおかさないようにするには、これまで失敗してきてしまった先人たちの転職失敗事例などから学ぶことがお勧めです。
では、続いて具体的な事例等についてお伝えしていきます。

 

よくある医師転職の失敗事例

医師転職に関してよくある失敗事例というものがあります。
医師によって細かな違いはあるかもしれませんが、失敗してしまう理由を大別すると、以下にあげる3点でつまづいてしまう医師が多いと聞きます。

 

収入に目がくらみ、それ以外の条件を軽視してしまった

優先したい転職条件の中で、特に収入を重視している場合に陥りがちなのがこの失敗です。

収入を重視することが悪いわけではないのですが、どうしても特定の条件に意識をフォーカシングさせ過ぎてしまうと、他のことが目に入らなくなってしまったりしますよね。
特に、医師の転職に関してはその傾向があります。

また、異常なまでに“収入を中心とした待遇が良い”求人も、よく見かけます。
冷静に見てみると、どうしてそのような待遇なのだろうと考えることができるのですが、気持ちだけが盛り上がってしまい、その他の条件を見ない、あるいはほとんど考えないままに応募してしまうことがあるのです。

そして、転職した後に“考えていた仕事と違う、労働環境が厳しい、当直や残業が辛い”といった悩みを持つようになり、早い段階で再度転職活動を行うパターンが後を絶ちません。

収入は確かに大切ですが、その他の条件面も冷静に見ること、果たして本当に“思っているような労働環境か”と改めて一呼吸おいてみることが大切です。

 

あまり多くの求人や病院を見ないまま即決してしまった

求人や病院をあまり見ないままに転職を進めてしまうと、後になってから「もっといい条件の所があったはずなのに」と後悔してしまうことがあります。
このような方にみられるのは、“早く転職をしないと”という焦りです。

気持が焦り、安易に妥協してしまった結果、本来ならもっと好条件の場所にたどり着けたはずが、あまり芳しくない職場を引いてしまうということも医師転職にはつきものです。

そのため、医師転職においては必ず多くの求人を確認し、十分に納得できるデータを頭の中に入れてから絞ることをお勧めします。

 

悪質な転職サイトを利用してしまった

医師転職サイトの中には、あまり質が良くないサイトも少なくありません。
実際には存在しない釣り求人と呼ばれるものや、実際の条件とは異なる求人情報が掲載されていることも往々にしてあるのです。

このようなサイトを利用してしまった場合には、ブラックな病院を紹介されてしまう可能性があります。

人が集まらない為に過剰な宣伝や、期待をもたせる求人が掲載されているのですが、悪質なサイトではそれらの内情を十分にチェックしていないのです。

そのため、医師転職サイトを利用される際には気を付けることが大切です。
複数のサイトを利用する、信頼できるサイトを探すなどの対策をお勧めします。
転職サイトを利用する前に!サイト選びで注意したいポイントとは?