医師としてのキャリアを活用して新たな道へ。医師の他業種への転職

カテゴリー 医師の転職先

医師としてキャリアを考えた時に、医療機関以外で働くという選択肢もありますが、皆さんはそのような事実をご存じでしょうか。

現在既に医療機関やクリニック等で働いている方にとっては、もしかしたらそれ以外の選択肢をあまり考えたことがないという方もいらっしゃると思いますが、実は医師と言うキャリアを活かすことによって、実に様々な業界で活躍することも可能なのです。

実際に、医師として働いていた時よりも収入が高くなった、プライベートな時間が増したという方も少なくありません。
そこで、今回は医師という資格やキャリアを活かした、他業種への転職について少しお話をしてみたいと思います。

 

医師の転職先は病院のみではない

医師にとって最良の選択肢となるものは、何も病院とは限りません。
転職というものを広く考えてみた時には、様々なキャリアを選択することができるという事実に気付くことが出来ます。

実際、インターネット上でも医師という資格を活かした医療機関以外のキャリアについても、様々な情報を閲覧することが可能です。
つまり、それだけそのような情報を活用している医師が多くいるということになります。

もしかしたら、この記事を読まれている皆さんの中にも、医師としての転職先は病院関係以外にはないのでは…とうっすら感じていたような方もいらっしゃると思います。

しかし、そのような医療機関以外の転職先②関しても、皆さんが思っているよりも間口が広がっているのです。
そこで、数ある転職先の中から、具体的な例をご紹介してまいりたいと思います。

 

転職先として考えられる他業種の例

医療機関以外の選択肢としては、公衆衛生医、産業医、老健施設の施設長、保険会社(査定医)、製薬系企業のMD/メディカルドクター等が挙げられます。

もちろん、この他にも様々な選択肢がありますので、ご興味をもたれた方はぜひ探されてみてはいかがでしょうか。

医療機関で転職先を探していても、なかなか希望の案件が見つからないという方には、全く違うフィールドで働くという選択肢も大変お勧めです。

 

製薬会社・医療機器メーカー

医師としてのキャリアを活かすにあたり、もっとも“知名度の高い医療機関以外の選択肢”として挙げられるのは、製薬系の企業、医療機器メーカーとなるのではないでしょうか。

実際、医師がスカウトされるようなこともありますし、年収が医師としての勤務時代よりも高くなることも多く、採用されるポジションによってその実態は異なるものの、概ね満足される方が多いと聞きます。

その理由は単純で、安定して高い収入を得る事ができるにも関わらず、医療機関での勤務を副業として行うことができる企業が多いこと、学会等への参加等も認められており、比較的自由度が高いというものです。

医師としてキャリアを活かしながら、望んでいた労働環境が手に入る可能性が高いことから、医師からの人気も高い業種と言えます。
ただ、英語力や折衝能力、リーダーシップ能力なども求められますので、注意が必要と言えます。

 

老人保健施設

老健系の施設も、医師にとって人気の業種の1つです。
特に、医療機関においてキャリアを重ねてきた医師の中でも、セカンドキャリアとして高齢の方に人気が高いという特徴があります。

役割としては、主に“施設長”として、健康管理や指示出しなどを求められますが、医療機関とは違い、オンコール対応や当直などがほとんどないため、負担も少ないというのが人気の秘密と言えるでしょう。

この業種に就くためには、コミュニケーション能力、マネジメント能力が求められる事が多いので、注意が必要です。

 

公衆衛生医

一般の医療機関と比べると、特定の役職に就かない限りは収入が低下してしまう恐れがあるという注意点はあるものの、労働環境が改善されるケースも多いことから、医師にとっては人気の転職先の1つと言えます。

主に各自治体における保険所などに従事することとなりますが、その役割は、地域保健医療を充実させるために様々な活動を行うというもの。

緊急時を除き、概ね時間通りに働くことができるため、ワークライフバランスを重視する医師から人気のお仕事です。